忍者ブログ

エーチームオーディションに関するあれこれ

芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、最新情報をお届けします。

【エーチーム】白井晃「ペール・ギュント」再生の舞台・演出 主演・内博貴

【エーチーム】白井晃「ペール・ギュント」再生の舞台・演出 主演・内博貴


若者に問う生と死

「ペール・ギュント」

再生の舞台

演出・白井晃 主演・内博貴




ノルウェーの劇作家、イプセンが19世紀に書いた劇詩「ペール・ギュント」が現代によみがえる。演出家の白井晃(58)が7月に舞台化、主演のぺールにストレートプレー初主演の内博貴(うち・ひろき)(28)を迎える。人生に迷い、放浪の旅を続けるペールには現代の悩める若者像も投影される。白井は内に等身大のペールを期待、その姿を鏡として「人がいかに生き、死ぬかを考えたい」と話す。



白井晃(エーチーム所属)



ペール・ギュントは、イプセンと同じノルウェーの作曲家、グリーグが書いた楽曲とともに、1876年に初演された。落ちぶれた豪農の息子、ペールが行き当たりばったりの恋や人生に思い悩みながら自分探しを続け、青年期から老年期まで世界中を旅する冒険譚(たん)。楽曲は誰もが聞いたことのあるクラシックだ。

だが、「白井版」は、現代の荒くれたイメージを打ち出す。物語は、破壊された病院のような廃虚を背景に、ペールを思わせる胎児が夢を見ているかのように進む。音楽は、ジャズピアニストのスガダイローが即興に近い生演奏をつける。

斬新なアレンジにはペールを「今の時代に放り込む」(白井)狙いがあり、廃虚は世界中で続く紛争を映し出すものだ。構成と演出は白井、翻訳と上演台本は谷賢一が担当する。


「ペール・ギュント」演出|
白井晃 インタビュー




「どう生きるべきか」と死の間際まで迷うペールの人生を、白井は「生と死を核心に据えたドラマ」とみて、長年、上演の機会をうかがってきた。初演された19世紀後半は産業革命や明治維新など世界中で変革が起きた。そして、現代も中東紛争や緊迫する日本と中国の関係など転換期を迎えているように見える。

「今年に入って世の中が厳しい状態にあることを、手触りでかなり感じている。危うい、ひりひりとした状況の中で、どう生きるかを考えたかった」

その中で、白井は内に現代の若者像も投影した等身大のペールを求める。母、オーセ(前田美波里)と恋人、ソールヴェイ(藤井美菜)は聖母マリアのような“よりどころ”となる存在だ。「いつの時代も自分の居場所を探し続けている若者がペール。内君はナイーブで情感が豊か。まっさらな状態から自分の中にあるペールを見つけてほしい」



白井晃(エーチーム所属)



関西ジャニーズJr.としてデビューした内は、主にミュージカルの舞台で活躍してきた。「これまで歌と踊りが中心だったので、今回は本当にチャレンジ。挑戦者の気持ちでいかないとできない。出ずっぱりで10代から80代近くまで演じ分けるのも初めて。ペールの、思いついたらすぐ行動する部分は何となく分かりますが、どう演じたらいいか悩んでます」と打ち明ける。

過去にはジャニーズ事務所の先輩、岡本健一(46)が演じた役。「いろいろな人がやれば全然違う。『僕がペールです』と胸を張って言えるようになったら、それでいいのかな、と」

内の悩む姿はそのままペールに昇華されていく。その様子は「いくつになっても人は自分探しを続けるもの」であることを思い出させる。「見る人はペールを自分のこととして考える。生きる意味をどう見つけるか感じてほしい」と白井。7月11~20日、横浜市のKAAT神奈川芸術劇場。



白井晃(エーチーム所属)



若者に問う生と死 「ペール・ギュント」再生の舞台 演出・白井晃 主演・内博貴 - 産経ニュース
100年を経てもなお心に響く傑作「ペール・ギュント」に白井晃が挑む - 朝日新聞デジタル&M
内博貴、豪華キャストと名作を蘇らせる - モデルプレス
白井晃が満を持して挑戦する舞台『ペール・ギュント』 | エンタステージ
『ペール・ギュント』公式|白井晃演出|内博貴、藤井美菜、加藤和樹、前田美波里ら出演
『ペール・ギュント』|KAAT 神奈川芸術劇場
白井晃 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|白井晃
エー・チームとは - はてなキーワード
白井晃とは - はてなキーワード




白井晃(左)と前田美波里

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

エーチームグループ タレント お宝 You Tube

●BRAVE HEARTS 海猿 予告編


●第81回.アカデミー賞受賞「おくりびと」映画監督:滝田洋二郎


●今井華が新たなステージへ!雑誌「JELLY」撮影


●「BREAKERZ LIVE 2012 "WISH 4U" in 日本武道館」ダイジェスト


●ほしのあき・山岸伸のソルトウォーター撮影風景。


プロフィール

HN:
エーチームオーディションtd
性別:
非公開
自己紹介:
芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、最新情報をお届けします。

カテゴリー

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

あわせて読みたい


あわせて読みたい



人気ブログランキングへ



ブログ内検索

バーコード

P R

Google+1

コガネモチ

コガネモチ