忍者ブログ

エーチームオーディションに関するあれこれ

芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、最新情報をお届けします。

伊藤英明、「アンダルシア」で織田裕二と“全面対決”

俳優の伊藤英明が、織田裕二が主演する外交官・黒田康作シリーズの劇場版第2弾「アンダルシア」(西谷弘監督)に出演することがわかった。2人の共演は、1997年にフジテレビ系で放送された特番「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」以来、約14年ぶり。当時は一瞬しか共演シーンはなかったが、今回は中心的な役どころだけに、伊藤の喜びもひとしおだ。



今作は、興行収入36億7000万円を記録した「アマルフィ 女神の報酬」の続編で、スペインや地中海が舞台となる。1月からは「外交官 黒田康作」としてドラマ化されるなど、お茶の間での人気はすでに定着。伊藤が演じるのは、織田扮する黒田と対立するインターポール(ICPO)の刑事・神足誠(こうたりまこと)で、過去の事件で心に傷を負った刑事という難役を熱演している。

伊藤は、織田を「自分にとっていつかご一緒させていただきたい役者さんでした」といい、あこがれを抱き続けてきた。初共演時とは立場も異なり、「今回はパートナーに近い役柄で、たくさん織田さんとご一緒させていただけるので、すごく楽しみにしていました。ついに念願がかないました」と興奮を隠し切れずにいる。

くしくも、昨年の実写邦画における興収“トップ2”で主演を務め上げた2人。伊藤主演の「THE LAST MESSAGE 海猿」は興収80億2000万円、織田主演の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」は興収73億1000万円を稼ぎ出し、2作の累計興収は153億円を上回った。それだけに、この豪華共演がどのような相乗効果をもたらすのかは、誰も予測がつかない。

フジテレビの臼井裕詞プロデューサーは、伊藤の起用について「若手でも実力があり、舞台となるヨーロッパの街に負けない人」と説明。映画は、日本人投資家が殺害されたことをきっかけに、黒田が国際犯罪に挑む姿を描く。撮影は1月上旬にスペイン・バルセロナでクランクインし、すでにスペインでの撮影は終了。2月末から日本での撮影に突入し、4月上旬にはオールアップ予定だ。

「アンダルシア」は、6月25日から全国で公開。


伊藤英明、「アンダルシア」で織田裕二と“全面対決” - MSN エンタメ

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

エーチームグループ タレント お宝 You Tube

●BRAVE HEARTS 海猿 予告編


●第81回.アカデミー賞受賞「おくりびと」映画監督:滝田洋二郎


●今井華が新たなステージへ!雑誌「JELLY」撮影


●「BREAKERZ LIVE 2012 "WISH 4U" in 日本武道館」ダイジェスト


●ほしのあき・山岸伸のソルトウォーター撮影風景。


プロフィール

HN:
エーチームオーディションtd
性別:
非公開
自己紹介:
芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、最新情報をお届けします。

カテゴリー

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

あわせて読みたい


あわせて読みたい



人気ブログランキングへ



ブログ内検索

バーコード

P R

Google+1

コガネモチ

コガネモチ