忍者ブログ

エーチームオーディションに関するあれこれ

芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、最新情報をお届けします。

【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆インタビュー ヒロインとしての意地とプライド「事前準備は徹底的に」

【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆インタビュー ヒロインとしての意地とプライド「事前準備は徹底的に」



吉岡里帆(エーチーム所属)

ヒロインとしての

意地とプライド

「事前準備は徹底的に」



映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』


熱狂的な渦の中にいる女優・吉岡里帆(エーチーム所属)は、この日のインタビューも分刻みのスケジュール。撮影と撮影の間を縫って取材に応じるとなれば、疲弊していてもおかしくないのに、決して「無理に」ではなく微笑み、言葉をつくし、たまにはちょっとだけ息を吐いたりしてみせ、佇む。



女優・吉岡里帆は破竹の勢いで人気を拡げ続けている。熱狂的な渦の中にいる彼女は、この日のインタビューも分刻みのスケジュール。撮影と撮影の間を縫って取材に応じるとなれば、疲弊していてもおかしくないのに、決して「無理に」ではなく微笑み、言葉をつくし、たまにはちょっとだけ息を吐いたりしてみせ、佇む。どんな状況下でも自分を保っていられるからこそ、阿部サダヲ、松尾スズキら猛者たちに囲まれた、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でも、ヒロインとして臆せず、ひときわ輝けたのかもしれない。



同作は、『イン・ザ・プール』、『俺俺』、「時効警察」など独特の世界観でカルト的人気を誇る三木聡監督が手掛けた最新作。ミュージシャンを目指しているのに声が小さすぎるストリートミュージシャンのふうか(吉岡さん)が、実は声帯ドーピングをしてカリスマ的人気を誇るロックバンドのヴォーカリスト・シン(阿部さん)と出会い、プロシンガーを目指す物語だ。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』MV(ショートver)

大ファンだった三木監督の現場「とんでもなく素敵な作品に恵まれた」


そもそも三木監督の大ファンだったという吉岡さんは、今回のオファーを「とにかくうれしかったですし、まさか自分が呼んでもらえるなんて夢にも思っていなかった」と飛び上がる勢いで喜んだが、すぐに三木組の洗礼を浴びることになった。原案・脚本も担当した三木監督は、こだわりも人一倍、妥協の文字はない。求められるクオリティに到達するべく、吉岡さんは悪戦苦闘した。「例えば、花火が打ち上がって、そこをバイクで走るシーンが、特に監督のお気に入りだったんです。事前に、監督が粘土でジオラマを作って、自らコマ撮りで撮った動画を見せてくださったほど。『このイメージを全部再現してほしい』とおっしゃっていて、それくらい、“絶対こうしてほしい”がある方なんです」。



「ハマらないと、三木監督は本当にずーっと『なんか違う』と言い続けます。リハーサルではOKでも本番では違ったりするので、すごく微妙なところにまでこだわりを持ってらして、とても繊細だなと思っていました」と吉岡さんはふり返った。されど、「とんでもなく素敵な作品に恵まれたので、やる以外の選択肢はなかったです。できるようになる、としか考えないようにしていました。なんせ、テーマが“やらない理由を作るな”だったので(笑)」という言葉からも、吉岡さんの覚悟が伝わる。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』メイキング


そこまでして「ついていきたい」と思う、吉岡さんが感じる三木作品の魅力は何なのだろうか?

「三木さんは、誰にも成し得ない世界を現実化させる方だと思っています。何より、台詞に三木さんらしさが溢れて魅力的。聞いたことのない台詞のオンパレードですし、それを言えることって、役者冥利に尽きるんですよ。ベタじゃない、コアなところを自由にお芝居させてもらえるのは、たぶん私だけではなく、皆さんも楽しかったんじゃないかなって、すごく思います。三木さんも『もうこれ以上ないって思えるぐらい、最高のスタッフ、キャストが集まっていて本当に幸せ』とおっしゃってくれて…。それを言われた私たちはもっと幸せなんです」。


阿部サダヲとの共演は「こっちも“なにくそ!”となる」


今回、カンパニーを引っ張るのは阿部さん。対峙することになる吉岡さんとのシーンも、とにかく多い。刺激的であろう共演について聞けば、吉岡さんの表情は「ふふっ」とやわらかくなった。「阿部さんはすごいパワーをお持ちで、言葉の圧がとにかくある方。あの圧を浴びると、こっちも“なにくそ!”“なんかしなきゃ!”という気持ちになりますし、元気ももらえるし、ちょっと笑えてしまったりもしました(笑)」と、何かが脳裏をよぎったのか、さらに思い出し笑いをする吉岡さん。



「ふたりで本番前に、『何なんだろうね? このシーンは』『これにはどういう意味があると思う?』『いや、もうわかんないっす』みたいなやり取りを毎回やっていたんです。台詞の意味がわからなすぎて、ふたりで笑っちゃったりしました(笑)」と、ほっこりエピソードが飛び出た。「三木監督に『本当に意味がわからないんですけど』と聞くと、『意味なんて考えていたら、面白いものは作れない!!』と言われて、無茶苦茶なんですけど妙に説得力があるな、って(笑)」と、本作ならではの強烈な経験を明かしていた。

ヒロインとしての意地とプライド「ギターと歌は徹底的に練習」




ふうかを演じる上で、吉岡さんにとって一番のチャレンジは「歌とギター」だった。新星シンガーソングライターのあいみょんが作詞・作曲を手掛けた「体の芯からまだ燃えているんだ」を筆頭に、全4曲を弾き語りすることが課せられたミッション。オファーを受けたときは、ギターも歌もほとんど未経験の吉岡さんは、三木監督からも「おいおい、大丈夫?」と最初の一声をかけられた。

「撮影が始まる半年前からギターと歌は徹底的に練習することになりました。当時、連ドラを撮っていたので、撮影が終わって、夜に何とか練習する生活だったんです。頑張っても、全然指も押さえられないし、音が出ないコードがあって。でも、そのコードが弾けないと、あいみょんの曲は弾けないし…とにかく必死で練習をしていました」。



そんな吉岡さんを踏ん張らせたのは、ヒロインとしての意地とプライド、そして三木監督の存在という三本柱。「ある程度のところで“いいよ”ということは、絶対、絶対、三木監督にはありません。『ギターも完璧でないと嫌だし、歌も自分の思っているラインまで絶対にきてもらわないと、映画にできない』とおっしゃっていたので」と語る吉岡さん。結果、リハーサルに入る頃にはすべての準備を終え、三木監督にも「おおー、ギリギリセーフだね(笑)!」と、合格印をもらったという。「事前準備をしっかりさせてもらえたから、本番の歌は、とても楽しかったです!」と、練習の成果がいかんなく発揮されている本編は、達成感あふれたものに仕上がった。

「『音タコ』は三木さんの世界だなと思いつつも、歴代の作品に比べると、テンポ感も速いですし、ヌルヌル…という感じより、どんどん加速して、転んでいって、予想もつかないような展開になっていっています。かなり新しくて、言うなれば…“New三木聡作品”という感じです!」。冒頭からエンドロールまで、疾走感あふれ、アドレナリンが大放出するような本作にて、新しい扉を開け、一段と高いステージに躍り出た吉岡さんの姿が眩しい。



映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公式サイト
【インタビュー】吉岡里帆 ヒロインとしての意地とプライド「事前準備は徹底的に」 | cinemacafe.net
エーチーム|エーライツ 【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆、コメディー映画ヒロイン抜擢の理由 プロデューサー明かす
【芸能事務所エーチーム評判】完全脱皮!吉岡里帆は女優として「音量」を上げた!! - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆、渋谷にサプライズ登場も気づかれず? | エーチームグループ情報
【芸能事務所エーチーム】『音量を上げろタコ!』阿部サダヲ&吉岡里帆が歌う主題歌MVショートver.&メイキング公開:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
【エーチームグループオーディション】吉岡里帆が主演に抜擢された理由 - エーチームのオーディションって…。
【芸能事務所エーチームオーディション】吉岡里帆、全身全霊の3ヶ月「人の人生を請け負う重みと戦って、作った」 - エーチームグループNews
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム】吉岡里帆、胸元セクシー衣装でオーラ放つ! GirlsAwardトップ飾る
吉岡里帆 • Instagram
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆


拍手[0回]

PR

【エーチームアカデミー 出身】浅香航大、山本舞香に公開謝罪「すみません!」

【エーチームアカデミー 出身】浅香航大、山本舞香に公開謝罪「すみません!」


浅香航大(エーチーム所属)

山本舞香に公開謝罪

「すみません!」





浅香航大が山本舞香に
「楽しかったです!すみません!」と謝罪



第28回東京国際映画祭パノラマ部門に選出された『桜ノ雨』(2016年3月公開)の舞台挨拶が10月30日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、山本舞香、浅香航大、広田亮平、久松郁実、原作・原案のhalyosy、ウエダアツシ監督が登壇。それぞれが自前のハロウィンコスプレで登場し、会場を沸かせた。



『桜ノ雨』第1弾ポスター



本作で映画初主演を果たした山本は「うれしかったんですが、緊張やプレッシャーもあって。とても学ばせていただくことも多かった」と充実の表情。浅香は「僕は合唱部でピアノを弾く役。僕自身、幼い頃にピアノを習っていた経験があるので、練習をして吹き替えなしで挑みました」と告白し、「吹き替えを使わずにすべて撮影を終えることができて、とても達成感にあふれています」とそれぞれがチャレンジに満ちた作品となったようだ。



浅香航大(エーチーム所属)



広田は「撮影に入る前からみんなで合唱の練習をしていたので、仲良くなるきっかけにもなった。すごい楽しい現場だった」、久松は「みんなで合唱するシーンがあって。息を合わせて歌うことや感情を込めて歌うところがすごく思い出に残っているし、苦労したところでもあります」と語るなど、学校が舞台とあって仲間としての絆を育んだ様子だ。

そんななか、山本は「泊まり込みで2週間の撮影をしていたのですが、私はほとんど撮影をしていたので…。みんなはご飯に行ったりしていたようで、いいなと思った」とあまり自由時間がなかったことに嘆き節。浅香が「(撮影は)沼津でしたから、亮平を連れて釣りにも行って。行きつけの飲み屋もできて、毎日が本当に楽しかったです。すみません!」と堪能したことを謝罪すると、山本は「何それ!いいなー!」と嫉妬混じりに語り、会場の笑いを誘っていた。



『桜ノ雨』は2016年3月公開



原作・原案のhalyosyは「この曲は、僕が住んでいた六畳一間の中でひきこもりながら作った。こんなにたくさんの人が携わって大きな作品になり、映画祭にも出られた。すごくうれしいですし、にわかには信じがたいことになっているなと今ひしひしと感じております」と感激の面持ちで語っていた。

ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化した本作。VOCALOIDキャラの学園生活を軸に、合唱部を舞台にした青春群像劇が描かれる。


初音ミク 桜ノ雨 PV



浅香航大、山本舞香に公開謝罪「すみません!」 | ニュースウォーカー
『桜ノ雨』山本舞香&浅香航大、“桜並木の下”ビジュアル解禁! 3月公開も決定 - 映画 - ニュース - クランクイン!
映画「桜ノ雨」原作・原案のhalyosy、「曲は六畳一間の部屋に引きこもって作った」と告白 : 映画ニュース - 映画.com
山本舞香、ボカロ曲の生合唱で感涙  - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w
映画『桜ノ雨』公式サイト
浅香航大 official blog powered by ameba
浅香航大 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|浅香航大
エー・チームとは - はてなキーワード
浅香航大とは - はてなキーワード




拍手[0回]

エーチームグループ タレント お宝 You Tube

●BRAVE HEARTS 海猿 予告編


●第81回.アカデミー賞受賞「おくりびと」映画監督:滝田洋二郎


●今井華が新たなステージへ!雑誌「JELLY」撮影


●「BREAKERZ LIVE 2012 "WISH 4U" in 日本武道館」ダイジェスト


●ほしのあき・山岸伸のソルトウォーター撮影風景。


エープラス所属者

エープラス(タレント)

ほしのあき
芹那
村上友梨
AMO
今井華
加藤ナナ
ハヤカワ五味
ソーズビー
黒瀧まりあ
mirei
永井理子

エープラス(アーティスト)

DAIGO
ダイスケ
NOBU

プロフィール

HN:
エーチームオーディションtd
性別:
非公開
自己紹介:
芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、最新情報をお届けします。

カテゴリー

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あわせて読みたい


あわせて読みたい



人気ブログランキングへ



ブログ内検索

バーコード

P R

Google+1

コガネモチ

コガネモチ